会社設立の際に費用って掛かるもの?

会社設立時の費用に関する情報をご紹介します

合同会社の設立に必要な費用

合同会社の設立費用は株式会社よりもリーズナブルになっております。合同会社は、出資者の全員が有限責任社員となって構成する法人になります。株式会社と違い、出資した方が経営するといった形の法人形態になります。合同会社の特徴として、比較対象になりやすい個人事業主や合名会社、合資会社の場合と違い事業破綻や倒産に陥った際、無限に責任を負う事はなく間接有限責任になりますので出資金以上の債務を追わずに済みます。

法定費用合同会社を設立する場合には、資本金と法定費用、その他のこまごました雑費が必要になります。資本金は、株式会社と同じく1円からでもOKになっておりますので特筆すべき内容はありませんが、法定費用は株式会社と違っている部分がありますので注意が必要になります。合同会社の法定費用は、印紙代や4万円、登録免許税が6万円となり株式会社よりもかなりリーズナブルになっております。

しかも印紙代の4万円は電子定款にすれば0円になりますのでかなりリーズナブルな価格で設立する事ができます。電子定款の作成費用については、住民基本台帳ICカードやICカードリーダ、Adobe Acrobatなどの購入費用がかかりますが、それでも費用的にはかなり抑える事が可能となっております。

Previous

Next