会社設立の際に費用って掛かるもの?

会社設立時の費用に関する情報をご紹介します

会社設立時の費用は経費になるのか?

会社設立時にかかる費用の中には、個人に対してではなく法人の経費に反映される物が沢山あります。設立準備開始時から会社を設立した時や営業が開始した時までの期間で発生する時期によって、費用の勘定科目はかわってくるので最初に理解しておく必要があります。開業前の水道光熱費であったりお給料などは費用に含まれないなど細かに設定されている事にも注目しなければいけません。

経理処理会社を設立する準備開始時期から会社設立の時までにかかった費用の中でも通常必要となった費用に関しては創立費という分類になり、経理処理されます。発起人の報酬費用や使用人に支払われる給与などがこれに含まれるのですが、他にも設立登記にかかる司法書士の費用や行政書士などへの報酬費用、会社を創立した時の事務所賃借料、登録免許税や金融機関の取扱手数料などが該当します。

また、会社の設立から営業開始までにかかった費用の中で交際費や広告宣伝費、市場調査費用、印鑑や名刺の作成費用などは開業費として経理処理される事になります。これらを知っているのと知らないのとでは、トータルで大きな差がでてきますので、事前にしっかりと確認しておく事によって経費の削減に繋げることができます。

Previous